2社目の消費者金融カードローンの審査にパスするためには?

消費者金融では総量規制のルールがあることを覚えておく

消費者金融カードローンは気軽に申し込みや利用ができるというメリットがあります。しかし、初めてカードローンを申し込む際は、たいていちょっと低めの融資限度額の設定となっているため、あまりたくさんお金を借りることはできません。使っていくうちにもっとお金が必要だと感じることもあるでしょう。また、他のところでもっと金利が安くて使いやすいというところも見つけられるかもしれません。そのような場合には、他の消費者金融カードローンを申し込むことになりますので、2社目のカードローン申し込みをする時には特有の注意点があります。

それは、消費者金融カードローンは総量規制のルールが適用されるということです。このルールは、申込者の年収の3分の1を超えてはお金を貸してはいけないというものです。そのため、1社目の消費者金融カードローンでかなりの額のお金を借りている場合は、すでにいわば融資の空きがなく、総量規制にひっかかってしまうことがあります。そのような場合は、いくら自分では支払いができると思っても2社目消費者金融のカードローン 審査で引っかかってしまいます。


2社目の消費者金融カードローンで審査に通りやすくするためには?

このように、消費者金融では総量規制のルールが関係しますので、このことを意識して申し込みのタイミングを図る必要があります。1社目の会社で借りている融資の返済をある程度進めてしまって、余裕ができた状態でカードローン審査に申し込むことによって、2社目の消費者金融も問題ないと判断できるようになります。

また、他の金融機関の返済をすべて順調に進めていくというのも欠かせないポイントです。支払いが滞っていたり、返済をしていない期間があったりすると消費者金融では、返済能力が安定していないと考えて、審査を厳しくすることになります。こうした事態を避けるためにも、最初からきちんと返済プランを立てて、確実に毎月の支払を続けていくことが大事です。また、2社目の消費者金融カードローンに申し込む際には、あまり高額の融資限度額を申請しない方が良いでしょう。総量規制の制度にかかってしまうということもありますが、無理な借金をしないといけない状況にある、返済能力を超えてまで借りたいと思っていると思われてしまい、カードローンの審査で警戒されてしまうことがあるからです。ある程度自分の年収や、すでに借りている分のことを考えて道理の範囲で融資希望額を提出するようにしましょう。消費者金融では、ローン利用状況などは照会すればすぐに分かるので、1社目の消費者金融の利用状況も把握されているということを意識して、慎重に申し込みをすることが肝心です。