カードローン申し込みでの必要書類は?

ほとんどの場合は運転免許証さえあれば十分

カードローンの売りとなっているものの一つは、申し込みの簡単さです。そのため、申し込みの際に求められる必要書類も少なくなっています。融資希望額が極端に高くない場合は、運転免許証だけで十分です。年収などについては自己申告で良く、それを証明するための書類は基本的には必要ありません。現住所と合っている免許証があれば、本人確認ができますので、審査も契約も完了できます。後は、銀行口座にお金を振り込んでもらうための口座情報があれば事足ります。別に何らかの書類にして提出する必要はありませんので、キャッシュカードに書いてある情報を申し込み用紙に記入して出せば十分です。


融資希望額が大きい時にはさらに書類が必要になる

もし融資希望額が大きくなる場合は、さらに書類が必要となります。この額については会社によって基準が違いますが、だいたい300万円くらいの希望額となると、本人確認用の書類だけでは不十分となってきます。免許証に加えて収入を証明するための書類が必要になってきます。具体的には、給与明細や源泉徴収票、課税証明書などです。これらの書類は作成するためにちょっと時間がかかることもありますので、事前に準備しておくと良いでしょう。