審査甘いカードローン、条件が緩い会社の特徴は?

全体としては銀行よりも消費者金融の方が審査は緩い

カードローンは大きく、消費者金融と銀行系に分かれます。銀行系は金利が低いというメリットがありますが、審査が厳しめという面があります。そのため、審査甘いカードローンの方が良いというのであれば、最初から消費者金融のプランを申し込んだ方が良いでしょう。消費者金融の中でもさらに審査が緩いところは、収入証明書が不要であるということを前面に出して宣伝している傾向があります。年収などについては自己申告で良いということにしていますので、より楽に審査が進んでいきます。もちろん、虚の内容を申告するのはダメですが、低い年収でも審査自体が緩いため、問題なくパスすることが多いのです。


ブラックでもOKというところには注意する

審査が緩いところに申し込む人は、何らかの金融事故を起こしていたり、すでにかなりの額を借りていたりするものです。中にはそのような人を狙って「ブラックOK」ということを強調して宣伝しているところもあります。確かにブラックでもOKというのは助かりますが、法外な金利を設定したり、登録業者でないのにローンを提供したりしていることがあります。後から大きなトラブルに巻き込まれることもありますので、十分注意して会社を選ぶようにしましょう。