カードローンの目的はなんでもいいの?

原則としては生活用の資金という目的で使うことになっている

カードローンの目的というのは、基本的には生活用の資金となっています。そのため、多くのカードローン会社では、事業性の資金として用いることを禁じています。この条件があるのにも関わらず、個人事業者の人などが仕入れのためや、仕事に必要な機器のために融資を使ったということが発覚すると、契約解除されることもありますので注意が必要です。


借り換えローンの場合は会社によって対応が異なる

多重債務の苦しみから抜け出すために、ローンの一本化をしたいということで、借り換えローンという目的でお金を借りることもあります。このようなケースでは、会社によって対応が異なりますので、事前にしっかりとチェックしましょう。カードローン会社によっては、借り換え目的のための融資は受け付けないとしていますが、他のところでは借り換えに便利だということを積極的にアピールさえしていることもあります。会社によって使える目的が異なることもありますので、個々のケースで確認するのがベストです。こうしたことでなければ、カードローンは基本的にほとんどの目的で使うことができますので、とても気軽で便利なサービスです。